食育や住育に継いで・・・「聴育」があってもいいんじゃない!

4日前、たかおさん(マイミク)の日記で「住育」という言葉に初めて出合いました。
宇津﨑 光代さんの生き生きした積極的なブログを読んでいるうちに、
『姿勢道』や<対話法>で私がやろうとしていることを「聴育」と表現してみようかしら、
という想いがむくむくと湧いてきました。

そこで、(財)食生活情報サービスセンターの「食育」の定義を参考にして、
現時点での「聴育」を定義してみます。

聴育とは、
国民一人一人が、生涯を通じた平和的な相互理解の実現、
家族・友人・職場・地域などあらゆる場面において、人間関係の調和が図れるよう、
自らの話の聴き方について考える習慣や
聴き方に関する様々な知識と
聴き方を活用した問題解決力を楽しく身に付けるための学習等の取り組みをさします。(案)


いかがでしょうか。私の目指しているものが伝わると嬉しいのですが。
[PR]
by 1taisetu | 2007-05-18 10:00 | 解説
<< きょう、7月2日は「一年の折り... <対話法>の練習会... >>