カテゴリ:お知らせ( 16 )

このブログの翻訳版は

English Here  这边中文版  한국어

※初めていらした方は、必ずお読みください。
 カテゴリー「相手が言いたいことは?」の記事の読み方について解説します。
 タイトルは「○○な気持ち当てゲーム」の設問です。
 タイトルの言葉を言った人の言いたいことは何でしょうか。シチュエーションの詳細も含
 めて創造し、「おそらくこんな気持ちかな」と想像したままをコメント欄に書き込んでみて
 ください。「確認型応答」で表現してもOKです。参考1 参考2
 他の人のコメントを読んで、あなたに必要な気づきをお持ち帰りくださいませ。
 なお、このページの右端にあるカテゴリーで、「相手が言いたいことは?」をクリックすると、
 該当する記事が一覧表示されて、<対話法>の問題集としてご利用いただけます。
 また、コメントを書き込む時に非公開をチェックすれば、
管理人しか読むことができなくなるので、ご都合に合わせてお使いくださいませ。
[PR]
by 1taisetu | 2011-12-31 00:00 | お知らせ

新年が明けました。ありがとうございます。

今年もさらなる聞き上手を目指しましょう♪

d0101928_17382453.jpg

[PR]
by 1taisetu | 2011-01-02 17:31 | お知らせ

第8回お聴き初め(オキキゾメ)の会 いよいよ午後1時30分~開催

新年のご来場、誠にありがとうございます。m(_ _)m

モ~      と愚痴をこぼしても仕方のない丑年から
レッツ トライ と挑戦する寅年に替わりました。

今年の過ごし方で
卯年の来年 ピョンピョン か ピョーン か
飛距離が変わって来ると思われます。

寅年の挑戦項目に ○○さんと相互理解すると決心されたあなたに
おススメしたいのが本日のワークショップ『お聴き初め(オキキゾメ)の会』です。

1月2日の書初め(カキゾメ)に なぞらえて
8年前から正月に開催しています。

  <対話法>3大効果
 
           ・人と話すのが苦でなくなる
            (苦情処理・電話・営業・・・

           ・相互理解の助けになる
            (嫁姑・親子・相談業務・・・
 
           ・司会のコツも身につく
            (会議・インタビュー・・・

◆と き   平成22年1月9日(土)会場13時~17時
        13:30スタート 入退場自由 

◆ところ   福島県男女共生センター 二本松市郭内1-196-1
        東北本線 二本松駅下車 徒歩8分

◆参加費  大人1,000円 未成年は半額
        初参加の方はテキスト代 600円もご用意下さい。


  意思疎通のコツ<対話法>は 練習次第で子どもにも身につけられます。
  小学校低学年から参加可能です。

◆連絡先  福島対話法研究会 代表世話人 歌織
        FAX  0243-22-6496
        携帯電話 090-7328-7654
        メール連絡は usamiazoguotagira853iroak.f★docomo.ne.jp
                   (上記★を半角の@に置き換えてください)
[PR]
by 1taisetu | 2010-01-09 10:12 | お知らせ

安心して“失言”できる練習会

上級の聞き上手を目指す人が、
安心して“失言”できる練習会・・・が こころの通う<対話法>の会 です。


Web環境が整い、Skypeをダウンロードしヘッドホンマイクをセットすれば、
前回ご紹介したSkypeの会議システムを活用して
個人またはグループで<対話法>の会の開催も可能です。


そのほか、
次のような練習の機会がありますので、
あなたのご都合にあったチャンスを掴んでくださいね(*^_^*)


1)福島対話法研究会主催の定例会は、
  毎月第1土曜日の午後1:30~3:30 
  福島県男女共生センター(二本松市郭内)で開催しています。

  6月6日   7月4日  8月1日  9月5日(特別無料講座) 
  10月3日 11月14日 12月5日

  参 加 費:1回 1000円
  (テキストをお持ちでない方は、テキスト代として別途600円)



2)一般参加可能な出前の会(支払は当日)

 2)-1 主催者:いずみ美容室

  と  き:6月6日 7月4日 8月1日 の午後7時~9時  
  と こ ろ:いずみ美容室(二本松市若宮)
  参 加 費:1回 1000円
  (テキストをお持ちでない方は、テキスト代として別途600円)



 2)-2 主催者:郡山中央倫理法人会(支払は当日)

  と  き:6月13日(土)  7月11日(土) 8月29日(土)午後6時~8時
  と こ ろ:郡山中央倫理法人会事務局(郡山商工会議所509号室) 
  参 加 費:1回 1000円
  (テキストをお持ちでない方は、テキスト代として別途600円)



3)浅野良雄氏(<対話法>考案者)<対話法>講習会
  主催:しあわせ楽縁・福島対話法研究会

  と  き:6月14日(日)午前10時~12時
  と こ ろ:白河マイタウン 2階
  参 加 費:無料(テキストをお持ちでない方は、テキスト代として600円) 



4)個人への出前講座(支払は当日)

  ご自宅のほか、指定の場所へ講師を派遣しています。
  受講者は一人以上。
  受 講 費:1000円/成人一人当たり(1セッション90~120分)×人数
      +派遣費1000円(郡山市の場合)+テキスト代として600円

        (未成年者は半額の500円)

  5月の出前講座 開催可能日・時間帯について
 
  5月20日(水)23日(土)30日(土)10時~20時
  5月27日(水)10時~18時


★上記に関する問い合わせ・申し込みは、福島対話法研究会まで気軽にご連絡くださいね。
[PR]
by 1taisetu | 2009-05-17 10:52 | お知らせ

こころの通う<対話法> 出前の会について

現在、福島対話法研究会が主催する定例会“こころの通う<対話法>の会”は、
毎月第1土曜日 午後1:30~3:30
福島県男女共生センター(二本松市郭内)↓ で開催していますが、



「もっと身近で学びたい」という要望にお応えするために、
“出前の会” と “Skypeの会” をご用意しています。


ここでは、“出前の会” のご紹介をしますね。

開催回数や時間によって、内容は大きく異なります。
単発(1回限り)で60分以内の場合は、講義・講演形式。
単発(90分以上)・連続(90分~120分×6回)は、
30分以上の体験ができます。


浅野良雄氏の提唱する<対話法>は、とてもシンプルなので、
「なぁんだ、それだけのことか!」と頭ではすぐ理解できるのですが、
いざやってみると、要約も確認も なかなか難しいと 感じてしまいます。

ところが、他の人が確認型応答するのを聞いたり、
自分が確認型応答をしてもらったり、
自分で確認型応答をしようとしながら話を聞いていると、

つまり、体験してみると 次第に聞き上手~上級の聞き上手に
成長していくのを実感していただけます。


上記のような理由で、
理想的には90分以上で6回連続(頻度は隔週ないし1ヶ月に1回)
をおススメしています。


しかし、実際には以下のように 
いかようにも主催者のご都合に合わせて出前しておりますので、
気楽に気軽に ご相談頂ければ幸いです。


対象は小学生~成人(混在も可:日本語の聞き取りと発声に障がいのない方)。
人数は1人~数百名(30名程度が最適)。
会場は、話し声が聞こえる程度の静けさが確保できること。
自宅・店舗・事務所・公民館など。


費用は、定例会参加費同様 1回 1人 1000円
(初回はテキスト代として600円プラス)と 講師交通費。
ですが、こちらも主催者のご相談に応じて対応させていただきます。


総合学習の授業(小学校)・育成会体験学習・クラブ活動(中学校)・
平和ゼミ(大学)・PTA教養講座・看護士研修・同業者(保険業など)研修・
ヘルパー研修・社員(レジャー・ホテル・ハウスメーカー・飲食店など)研修・
交流研修(美容室など)。


最後に6回連続講座のメインテーマを掲載しておきますね。


◇ <対話法>入門講座(全6回の流れ)

1.〈対話法〉ってなんだろう
・・・〈対話法〉の全体像をつかむ

2.相手が言いたいことはなんだろう
・・・すべての対話は、相手の発言の真意をつかむところから始ります。

3.感情にも着目しよう
・・・発言の内容には、大きく分けて「事柄(物理的なこと)」と
「気持ち(感情)」があります。この2つを区別できるようになると
対話の質が変わります。

4.あのとき、あそこで。いま、ここで。
・・・時と場所によってさまざまに変化する人間の心理への対応法を学びます。

5.反応型応答と確認型応答を切り替えよう
・・・場面に応じた適切な応答をするには
2つのタイプを自由に切り替える練習が必要です。

6.誤解に気づこう
・・・どんな時に「確認型応答」が必要なのか、そのタイミングに気づけるよ
うになる練習をします。


お申込みとご相談は 福島対話法研究会 へ
メール(cocochiii@taiwa.org)+携帯伝言090-7328-7654(メール送信しました)
FAX(0243-22-6496)+携帯伝言090-7328-7654(FAX送信しました) 

福島県二本松市松岡77番地 〒964ー0905 
福島対話法研究会 代表世話人 歌織(カオリ)
[PR]
by 1taisetu | 2009-04-01 12:00 | お知らせ

新年が明けました。ありがとうございます。

「今日はどうしたんだろう?
 いつもはこんな風に人に話したことはないんです・・・」

話している本人が自分で驚くほど話をしてしまった、
こんな感想を頂くのが、何よりも嬉しいのです。

浅野良雄氏(群馬県桐生市在住の心理カウンセラー)考案の
話の聴き方のコツ<対話法>を身につける会が
<対話法>の会です。

福島対話法研究会では
毎月第1土曜日の午後1時30分~3時30分
定例会を開催していますが、

年初は書き初めになぞらえて
お聴き初め(オキキゾメ)を開催しています。

2003年から始めたお聴き初めは 今年で7回目。
1月4日(日)午後1時30分~3時30分
福島県男女共生センター 特別会議室 
参 加 費1000円(未成年半額)
テキスト 600円(初参加の方) 


あなたは、誰かと話した時、
冒頭のような感想を言われたことはありますか?

「話しやすいなぁ」とか「また、話したいなぁ」
と相手に感じていただけたなら、
あなたは、もう聞き上手の一員です。


今まで、聞き上手と呼ばれていた人でも、
話の聴き方のコツ<対話法>を意識しながら対話すると、
上級の聞き上手に成れるのです。

上級の聞き上手を目指し続ける決意を固めに来る人
上級の聞き上手に話を聞いてもらいに来る人
上級の聞き上手との出会いを求めてくる人

「完璧なコミュニケーション・マニュアル」はつくれません。
なぜならば、コミュニケーション・シーンは千差万別だからです。

常に100点は取れませんが、
常に60点以上を取るには、<対話法>が役に立ちます。
さらに、
このスキルを身につけると、
うっかり落第点を取ることも避けられるようになります。


私が、一人でも多くの方に
<対話法>をお知らせしたいと思う理由は、

<対話法>が『良質なコミュニケーション・マニュアル』
であるにもかかわらず
理屈抜きで練習した小学生にも
身につけることができるからです。

今年は、
こどもと接する機会の多い方たちへ
<対話法>をお届けすることを重点目標として参ります。

よろしければ、
この記事をお読みいただいたご縁にすがって、
<対話法>出前講座の派遣先をご紹介下さることを
心よりお願い モ~~~~~ しあげます。
[PR]
by 1taisetu | 2009-01-03 11:32 | お知らせ

※コミュニケーション調査に ご協力お願いします

只今、話の聴き方のコツ<対話法>考案者:浅野良雄氏の研究所で
コミュニケーションに関するアンケート調査を実施中です。
(初回締め切りは平成20年4月末日です)
あなたが このブログへいらしたのも何かのご縁。

もしよろしければ 以下のアドレスから回答用紙を
ダウンロードしていただくか
あるいは、お知り合いやMLで この調査を告知いただければ幸いです。

形あるものでお礼は出来ませんが、
どうぞ、このブログで 沢山の気づきを お持ち帰り下さいませ。



対話法研究所 http://www.taiwahou.com/kenkyujo/ 
トップページの ◆トピックス◆

■コミュニケーションに関するアンケート調査へのご協力のお願い
用紙(Wordファイル)のダウンロード こちら
[PR]
by 1taisetu | 2008-04-30 00:00 | お知らせ

1月4日の予定は変更されました

第5回お聴き初めの報告記事に、次回は平成20年1月4日と開催予告しておきましたが、
第6回目は、平成20年(2008年)1月5日(土)午後1時30分からの開催
変更させていただきます。

皆様お誘い合わせの上、
お間違えのないように ご来場をお待ち申し上げます。

「是非参加したいけれど、どうしても夜になってしまう」方は、
前日までにご連絡いただければ、夜8時30分までは延長することができます。

「上級の聞き上手」を目指す志を立てにいらしてくださいね。
[PR]
by 1taisetu | 2007-12-05 23:00 | お知らせ

展示内容の詳細が決定しました

いよいよ 平成19年度人権啓発フェスティバル福島会場
『みんなでつくる“いのち”の祭典2007ふくしま』
開催まで
あと半月となりました。

本日展示用の原稿をUPし、発注しました。

企画段階より提言も明確になり、
来場者が自分自身の毎日をふり返ることのできる内容になっています。
以下に、ミニステージ担当の司会者に宛てた原稿を掲載しておきます。


ここから紹介原稿==================

福島対話法研究会の皆さんは、いつでも・どこでも・だれにでも・
みんなに役立つ話の聴き方<対話法>の普及を通して、
住みよいふるさとづくりに貢献しています。

今までは、「こころのユニバーサル・デザインについて」や、
「家族や職場や地域でのトラブルを、
コミュニケーションの視点から見直しましょう」と、
イベントや研修会で呼びかけてきました。

この『みんなでつくる“いのち”の祭典2007ふくしま』には、
~わたしからあなたへ あなたからみんなへ 愛がひろがるふくしまへ~
というサブタイトルがついているのですが、

いったいどのように行動すれば わたしからあなたへ
あなたからみんなへ
ふくしまに「愛がひろがる」ために すぐできることは何だろう?
・・・という疑問の答えを探る旅を用意してくださったそうです。

それでは、福島対話法研究会の代表を務める 歌 織 さんの歌に
よ~く耳を澄ましてみましょう。
曲は“未来をつくろうよ”人権バージョンです。

===================ここまで紹介原稿


いかがですか? ふくしまに「愛がひろがる」ために 
あなたにも すぐできることを 知りたくありませんか?

知りたくなった方は会場へお運びください。
7日(日)12:50~13:20がミニステージ割り当て時間です。
歌は冒頭で歌いますので、お聴き逃しのないように!

福島対話法研究会の展示ブースには
食事・トイレ・ミニステージの時間以外には
2日間ともず~っと張り付いて、
あなたのご来場を首を長くしてお待ちしております。

展示やミニステージのほかにも、
『五体不満足』の著者:乙武洋匡氏の講演や
劇団ふるさときゃらばんのミュージカル上演など楽しい企画が盛りだくさん。
詳しくは福島県のHPを参照してくださいね。
d0101928_950991.jpg

[PR]
by 1taisetu | 2007-09-22 00:00 | お知らせ

平成19年10月の行事参加予定です。

● 「いのち」の祭典2007ふくしま へのブース出展およびミニステージ  に企画書を提出しました。(参加費:無料)

申請者:福島対話法研究会

目  的:何らかの人権侵害の結果起こっている事件を未然に防ぐために
     コミュニケーションの大切さが叫ばれているが、
     具体的な問いかけ、言葉がけの例示に振れることで、
     相手にわかりやすく「自分の権利と目の前の人への関心を示す」表現が
     できているか否かをふり返ることができる。

概 要:(ブースは文字表現・ミニステージは声表現)
     福島対話法研究会は、平成14年以来、二本松を拠点に、
     話の聴き方のコツ<対話法>の普及を通して、
     住みよい福島づくりに貢献することを目的として活動しています。
     毎日報道されているさまざまな事件を未然に防いだり、問題を解決する方法として、
     コミュニケーションを見直そうという機運が盛り上がっています。
     しかし、具体的な例示に欠け、
     いつ、どのようにコミュニケーションをとったらいいのかがわからない。
     「コミュニケーションが大切なのはわかるが、
     よりよいコミュニケーションとは、どのようにしたらいいのだろう」という
     疑問を内に秘めたまま生活している人が多いはずです。

     一方、法律や条令で私たちにはいろいろな権利が保障されているものの、
     現実にそれらの権利を行使する機会をつかめているでしょうか。
     多くの場合、人権啓発の取り組みは
     「このような人に、このような場合、このような権利があります」
     または、「このような形で、人権が侵害されています」という視点からの
     アプローチで行われているようですが、来場者が自分に与えられている権利を
     全て自覚することは、不可能かもしれません。

     そこで、
     「わたしは、(○○○のことで困っているのですが)
      この問題を解決するために行使できる権利はありますか?」


     「あなたは、(×××のことで困っているように見えますが)
      △△△という権利があることをご存知ですか?」

     と問いかける勇気をもちましょう。  と呼びかけます。

当事者にも支援者にも大切な「ひととコミュニケーションをとろうとする
積極的な姿勢」を促す形で、人権啓発事業に参加します。
[PR]
by 1taisetu | 2007-09-10 00:00 | お知らせ